Pocket

sony-xperia-smartphone-logo-327x181D6503に間違ったTWRP入れてみごと文鎮化。
分解してテストポイントショートさせて復活させたけど、まるまる一晩かかったヨ。
これというのも中途半端に出来が悪いmarshmallowが来たせいだ!!

ちなみに今回の流れは

  1. D6503でmarshmallowのアップデートが来る。
  2. XDA-Developersでroot化のROMが出る。
  3. 喜んでroot化ROMを入れたらスタミナモードはないしPOBOXもない。
  4. これじゃ日本語も入れられないとPOBOXの5.4を入れる。
  5. 古すぎるとPOBOX6.3を入れる。
  6. 起動時にSystemUIが落ちまくる。
  7. ROMそのまま端末初期化してなんとか使えるように。
  8. ふとTWRPの3.0とやらを見かけて入れてみる。
  9. 文鎮化。
  10. expansysやamazonで次のスマホを物色。
  11. どうせ買うなら分解してみるかとテストポイントの情報を探す。
  12. ほとんどがXPERIA Z2以降はテストポイントがないと書かれていたが、見つけたとのサイトを発見。
  13. 試してみる。(手順がんばってみたが、なかなか認識されずにここだけで4時間くらいかかった)
  14. なんとか復旧。
  15. この時点でぜんぶまっさらなので上記の3、5、7を躊躇いなくやる。

と、こんな感じでした。

新スマホに変えるチャンスだったのになぁとちょっと残念。

だけど、余計なお金使わずに済んでラッキー

5 thoughts on “文鎮化と復旧

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *